脱毛は大阪のほうが気楽

バストアップサプリの成分について

バストアップサプリには様々な製品がありますが、その中でよく見かける成分がプエラリアミリフィカという成分です。

このプエラリアミリフィカというのはタイの北部に自生しているマメ科の植物の事です。この植物はバストアップ効果だけに留まらず、美肌、更年期障害の改善などの効果もあると言われています。

何故、プエラリアミリフィカがバストアップサプリに用いられているのかというと、植物性のエストロゲンを豊富に含んでいると言われているからです。エストロゲンというのは女性ホルモンの事であり、女性ホルモンを摂取する事でバストアップに効果があると言われています。

そして、植物性エストロゲンというのは植物に含まれているエストロゲンに類似した構造と性質を持つ成分の事を指しており、プエラリアミリフィカにはデオキシミロエステロールやクメステロールなどの植物性エストロゲンが含まれています。バストアップで有名な食品としては大豆があり、大豆には大豆イソフラボンが含まれてエストロゲンと類似の作用を示すと言われていますが、プエラリアミリフィカの場合には植物性エストロゲンやイソフラボンが大豆の40倍も含まれています。

ただ、植物性エストロゲンは過剰摂取すれば良いという訳では無いので注意が必要です。

ヒトに対する試験の結果では、一部で貧血などの症状がみられたという報告もあり、動物に対する試験では性ホルモンの分泌が低下して排卵が抑制されたという報告もあります。

プエラリアミリフィカの一日の上限摂取量は200mgから400mgと言われており、この量を超えてバストアップサプリを服用しなければ、そう心配する必要はないです。ただ、個人差があるために、何か異常がみられる場合は直ちに服用を止めて医師に相談すべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *