脱毛は大阪のほうが気楽

ニキビは病院で治しましょう

10代から20代に多い皮膚の悩みとしてニキビがあります。

加齢とともに自然と治る人もいますが、病気ですので、軽く考えていると悪化したり、ニキビ痕として残ったりします。正しい治療の仕方を知った方がいいでしょう。ニキビの原因としてはホルモンバランスの乱れ、ストレス、食生活なども考えられますが、アクネ菌の繁殖によっておこる病気です。食生活の改善や清潔に保つことで改善することもありますが、根本的に治すには皮膚科を受診する事が必要です。

原因となる細菌は空気に触れると弱まる特性がありますので、毛穴などの空気に触れにくい場所に増殖します。毛穴に皮脂がたまることでその活動が活発になり、悪化していきますので、肌を清潔に保つ事が大切です。清潔に保つとともに皮膚の炎症を抑える効果があるビタミンB2、B6を含んだ食品を積極的に摂取しましょう。肌の新陳代謝が活発になるように水分も多めに取る必要があります。自分で改善効果があることを続けながら、出来るだけ早めに皮膚科を受診するのがお勧めです。

女性ホルモンの分泌異常で悪化していきますので、ホルモンバランスを正常に保つ薬を服用する必要があります。医師の指示通りに薬を飲みながら、生活習慣を見直して、肌の保湿、改善に注意します。市販のニキビ薬もありますが、治ったと思っても痕が残ることもありますので、皮膚科を受診する方がお勧めです。原因は一つではありませんので、医師に診断してもらうのがいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *