バナー

iPhoneXアプリを作る方法

iPhoneXアプリはゲームからツールまでさまざまですが、使うだけではなく、作るのも誰でもできるようになってきています。


iPhoneXアプリの開発と言えば難しいそうなプログラム言語を使って開発するイメージがありますが、サードパーティ製の開発キットを使えばコードをそれほど書かなくてもアプリを作り上げることができるようになってきました。
サードパーティ製のツールで用意されているのはGUIエディタです。
GUIは画面で見えるボタンや画像などのことです。GUIのできによって使いやすさやわかりやすさが変わってきます。
アプリの顔とも言える部分です。

しかし、GUIエディタが使いにくい、無い開発キットも多く、特に初心者には敷居が高い場合が多かったようです。


しかし、UnityやUnrealengineなどGUIエディタに力を入れている開発環境も増えており、アプリ開発の敷居は格段に低くなってきています。また、iPhoneXアプリの開発環境としてHTML5とJavascriptを利用する環境も生まれています。



PhonegapやCordovaはHTML5とJavascriptでアプリを組み上げます。HTML5はホームページやブログを構築する際にも利用されますし、Javascriptはホームページなどで動きを追加する際に利用されます。



比較的馴染み深い言語なのでホームページを作っているような感覚でアプリが構築できるとあって利用者が増えていますiPhoneXアプリ開発ではアップルの純正開発環境を使う方が多いのですが最近増えてきたのがサードパーティ製の開発ツールを使ってアプリ開発を行なうことです。

iPhoneXのすべての機能を使い切るならXcodeでの開発が必須ともいえますが、一部機能が使えなくてもよいという場合にはサードパーティ製の開発環境にメリットが多数あります。



1つめのメリットはAndroid用のアプリもすぐに作れることです。

サードパーティ製の開発ツールはほとんどが1つのソースコードからiPhoneX用、Android用のアプリを作ることができます。

特にAndroidの開発で利用するJavaを使って開発ができる環境が樹木せれています。

この開発環境はJavaを使ってiPhoneX用のアプリを作るだけの目的で作られていましたが、Androidにも出せるように改良が加えられ、現在では多くの機能も制御できるほどに進化しています。

JavaはAndroid用の開発環境で使われているものですが、サードパーティ製のツールを使って開発すれば同時に両対応のアプリが作れますし、Javaは開發人口が多こともあり、人員確保もし易いというメリットもあります。
Javaを使ってiPhoneXアプリを作れる開発環境は2つあり、オープンソース型と販売型があります。
特にオープンソース型については世界中の有志による開發であり、バグ対策はもちろんのこと、速度改善にも多くの進展があります。